本文へスキップ
保険・相続ライフプラン・住宅ローンのご相談は株式会社 FPオフィス トパーズへ

電話でのお問い合わせは0120-611-231

本店事務所〒490-1433 愛知県海部郡飛島村渚1-162

access住宅ローン相談

住宅購入をご検討されてる方へ

マイホームは人生最大の買い物です。
だからこそまず、お客様の家計状況や将来設計をお伺いし、お子さんの教育資金や老後資金など、ほかの支出との兼ね合いを考えて頭金・住宅ローン借入額など資金計画を一緒に検討します。
目先の金利の高低だけにとらわれず、長期的な家計のリスクを想定し判断するのが大切と考えております。

・ライフプランに合った住宅ローンの想定


・金利タイプ 固定金利、変動金利、固定金利期間選択型
・返済期間  月々の支払額が多くなりすぎないか、教育資金や老後の生活を圧迫しないか
・返済方法 返済額が変わらない元利均等払い、総返済額が安くなる元金均等払い
・制約条件 フラット35Sの優遇制度や、財形住宅融資の利用可否

・有利な住宅ローン商品の選択


金利の条件だけに目が奪われがちですが、保証料や各種手数料などの諸費用も決して安いものではありません。
大事なのは月々の支払額はいくらかかるのか?と総額いくらになるのか?です。



〜〜住宅ローン 
借り換えや見直し 検討中の方へ〜〜


住宅ローンの借換えとは、条件の有利な住宅ローンを新たに借りて、現在返済中の住宅ローンを一括返済することです。金利の低い住宅ローンに借り換えることで月々の支払額はいくらか?総額でいくらなのか?です。

また借換えだけではなく、条件変更といい現在借入中の住宅ローン金利を交渉することによって支払い軽減や、返済期間を短縮できることもございます。

金利最低水準で直近2、3年の住宅ローンでも見直すと支出軽減につながります!!
固定金利期間中でも住宅ローンは見直すとメリットが出ることが多いです!

例えばこんな方
・金利が低いから変動金利を借りたが、将来の金利上昇が心配
・11年目からの返済額が増えてしまった
・借換えしたいが手続きが面倒、借換えに諸費用がいくらかかるかわかわらい

さらに
・ローン残債が1000万円以上残っている
・返済期間が10年以上残っている
・1%以上金利差がある

new

平成23年6月に組まれた住宅ローンの借換え提案で平成26年6月の借換え216万円の支払軽減効果がございました。(フラット35S→フラット35)


まずは相談ください。借換えのメリットの試算、手続きのお手伝いをします。


メールでのお問い合わせ先   saka@fp-office-topaz.jp
プライバシーポリシー

TOP











保険相談


ライフプラン相談


住宅ローン相談